M2Jのサイバー攻撃による顧客情報の漏えいについて目を通してみた・・・

トラリピで有名なマネースクウェアですけど、
先日不正アクセスによって個人情報が漏洩したとの速報がありました。

そして本日「個人情報漏えいのお詫びとご報告」という件名で
メールが送付されて来て、より詳細が発表されました

具体的な内容

ざっくり読むと、最近サイバー攻撃を受けたのは確かで
それを調査していたら、実は昨年にもっと長期間に渡って
攻撃を受けていたことが判明しちゃってよりヤバイって感じですね。

・2017年サイバー攻撃によって約2,500件の個人情報が漏えいしたことが判明いたしました。
・2016年サイバー攻撃によって約11万件のお客様に関する情報漏えいの可能性があります。

(M2JのHPより)※以下引用は同様

う~ん、昨年の規模が大きすぎてなんとも・・・。
一応下記のコメントがあるのは救いではありますけど、
本当に信用してもいいんですよね

お客様の氏名、住所、銀行口座情報、変更後のログインパスワード、マイナンバー情報は漏えいしていないことは確認しております。

これが正しい情報なら、とりあえず少しは安心できますが・・・。

それでもM2Jは使う必要がある?

ここの強み(見方によっては弱み)の1つとして、
スワップポイントの低さがあります

これはスワップただ取りの異業者間両建てを行う場合に大変助かります。
実際に私はトルコリラの売りを持っています。

NZDなんかもヒロセ通商の買いスワップと比較すると
1万通貨あたり20円近く取れるので美味しいですよね。
まぁスプレッドが非常に広いのは残念な点ですけど

とりあえず・・・、追加で今以上に悪い方向にいかないといいですが。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする