明日は権利付最終日!昨年と比べてクロスの危険度は?

本日と昨年の信用取引状況を比較してみると?

明日は4月の優待確定日ですね。
銘柄は少なめです

優待狙いの方々が1銘柄あたりに集中するので
制度信用の場合は、クロス取引による逆日歩リスクが
どうしても高くなる傾向があるように思います。

とりあえず、本日の時点でのリスクを確認してみます。

銘柄 今年前日 昨年前日 昨年当日 品貸料率
(1766)東建コーポレーション -40400  0 -48000 0.8
(2198)アイ・ケイ・ケイ -96200  -85300 -303300 22.4
(2593)伊藤園 -192400  -332000 -485100 3.2
(2695)くらコーポレーション -71500  -23800 -328900 2
(2751)テンポスバスターズ -94900  -34300 -284000 64
(2910)ロック・フィールド -92000  -7100 -51100 2.2
(3134)Hamee -129700  96400 86600
(3329)東和フードサービス -31800  -11800 -86100 134.4
(3843)フリービット -193600  93200 94400
(6097)日本ビューホテル -59100  11000 16800
(8079)正栄食品工業 -16200  -4200 -79700 40
(8917)ファースト住建 -22900  1400 -83800 3
(9603)エイチ・アイ・エス 45500 6900 0 *****
(9627)アインHD -17300  -43200 -51300 0.4

は前年よりも安全そうな銘柄です。
全然ないですね

は昨年より高リスクっぽい銘柄ですが、
太字になっているところは、昨年は高額逆日歩だったにも関わらず、
今年は既に昨年以上に売りが積み上がっている銘柄です。

すさまじく怖いですわ・・・

今年の4月は傍観します・・・

上のような状況ですし、
まぁリスクとってまで攻めたい優待もないし、
今年の4月の株主優待はパスすることにします

果敢に攻めた方が高額逆日歩を避けられるといいですが・・・。

さて、フランスの選挙は一旦落ち着いた方向に向かってますが、
明日は北朝鮮で何か動きがある可能性もあって、引き続き地政学的リスクが続いています。

何事も無く、リスクオンの動きになっても
逆に地政学的リスクが高まってしまっても、
相場はそこそこ動く可能性が高いように思ってます。

明日の優待はお休みしますが、普通の取引も相場の流れが分かるまでは
新規にどんどんポジション増やすことはやめておくのも良いかもしれません

スポンサーリンク

シェアする

フォローする