タブレット用の格安SIM!選んだ会社は?

続・購入したタブレット!SIMカードも申込み済♪

昨日は購入したタブレットの話をしました

(過去記事)
タブレットを購入しました♪程よい大きさで画面もキレイ!

外で使うことを想定しているので、
LTEモデルにしています。

Wifiモデルでスマホのテザリングでも悪くはないですが、
スマホの電池消費が激しくなってしまうのも嫌だな~ってこともあり、
格安SIMで行くことにしました

各社のサービスの比較が難しい!

金額とかスペックだけなら比較は簡単です。
でも格安SIMはスペック通りのスピードは全然出なかったり、
ユーザー数や時期によっても左右されるので難しいです

個人的に使用しているのは、
最近TVのCMがやたら増えてきたUQモバイルです



2015年からAU系のXperia Z3で運用中で、
速度や音声通話では特に不満を感じたことはないサービスです。
ただ、格安SIMの中では気持ち価格が高めでしょうか?

あとは家族がデータ通信のみで運用中の
DMMモバイルのデータSIMプランですね。



こちらは業界最安値水準をずっとキープしているにも関わらず、
通信速度についてもかなり良いのでオススメのサービスの1つです。

ただ、SIMカード2枚目となるとシェアプランになりそうで
合計容量を今の1GBから2GBに増やして、
さらに追加SIMカード1枚となると、少しコストパフォーマンスは落ちそうです。

ちなみにDMMモバイルはIIJmioの系統のサービスで、
他にもイオンモバイル、BIC SIM、エキサイトモバイルなどは
同系列で通信設備は同等でプランや料金が違うだけになります。



上のDMMモバイルと比べて月額は気持ち高いですが、
キャンペーンの内容が違っていたりと各社特色がありますね。

データ通信専用の目線で他のサービスも見てみると・・・?

◎大手の安心感!?OCNモバイル

一番下のプランが月単位の容量でなく、
日単位の容量であるところが特徴ですね~。

私も過去には検討したサービスですが、
個人的に安定して毎日使うタイプでないため
こちらのプランは合いませんでした。

◎口コミ良好!Nifmoは通信の安定性が売り!?

niftyならプロバイダとして名前を目にしたこともあるかもしれませんね。
そこの出している格安SIMです。



実は業務絡みでNifmoの法人SIMを使ったことがありますが、
特に問題は感じなかった印象です。
速度や安定性は良好のサービスのようですね~。

ただし、容量が3GBからなので、
もっと少なくてよい用途の人には向かないかもしれません。

◎Docomo系もAU系も対応可能!mineo(マイネオ)

1社でどちらの系統のサービスも提供しているのが
このmineo(マイネオ)の特徴ですね。

その他にも色々なサポートプランや割引条件もあったりと
一見するだけだと情報がすくい上げ切れません



ただ、データ通信という目線では、
AU系で契約するなら安くあがると思いますが
Docomo系として考えると普通の値段と感じます。

◎無料トライアル期間あり!u-mobile

格安SIMは地域によっても通信品質に差があります。
そういう意味では自分のところで使えることが
無料で確認できるというのは大きいかもしれませんね。


こちらのSIMは時間帯や地域によっては
通信品質がいまいちなようなので、
選定するのであればトライアルを活用することをオススメします。

また、最近はソフトバンク系へのSIMも提供し始めたようです。

そして私が今回選んだ格安SIMは・・・

けっきょく新しい所に冒険するのはやめてしまって、
素直にDMMモバイルを選択してしまいました・・・

上であれこれ色々調べたのは何だったんだって感じですが、
まぁ最近の傾向や各社の口コミも知れたし、
無駄ではなかった!と思っておくことにします

というわけで、来週以降の外出時の運用が楽しみです
(今週は自宅近辺しか行かないので活躍の場がないの・・・)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする